写真のチカラ

写真を撮る時に深い事を考える事はあまりない。
というか。
心地の良い雰囲気、残したい瞬間、目についたもの を撮っている。

でも、かの地で『何事か』が行われたと知った時。
その出来事に思いを馳せる事はよくある。

目の前に広がる 何気ない日常を頭の中で排除して
その 『何事か』をその場に置いてみるのだ。

ここにあの人がいた。
ここであんな事が起こった。
ここであのスタートが切られた。

.

高校生の頃。
美術館に行った時。
著名な画家の絵の前に立った時。

今から100年前にこの絵の前で、あの画家が実際に描いていたのか。
キャンバスの向こうのモデルを見ながら。描いていたのか。

画家が描いた100年後に自分が画家と同じ向きで同じキャンバスに向かう
不思議な体験に大きなインパクトを受けていた事を思い出す。

この写真家の写すものも自分にとってみれば前述の画家のキャンバスと同じ。

歴史は、事件は、そのものごとは、この風景の中で実際に起こっていたのだ。

R0010861

広告

写真のチカラ」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    僕のブログにコメントありがとうございます。

    僕も写真は、好きな時に好きなものを撮ってます。
    心地よい雰囲気やその場の暖かさみたいなものが残せたらいいなぁって思いますよね!
    僕もリンクはらせて下さい。
    宜しくお願い致します。

    • cojiさん

      コメントありがとうございました(^^)
      リンクの件もありがとうございます。

      好きな写真を好きなように取り続ける。これが一番の幸せですね〜。

      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中