記憶の断片 初夏 #2

R0011261

そのカフェに向かうにはこの道を通る必要があった。
人が踏みしめていない様な小さな道。
新緑は人が歩いた痕跡も消してしまう勢いだった。

.

.

.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中